学習塾との違い

塾と家庭教師の違いをご紹介

学習塾の場合

塾のメリットは何といっても、それぞれの塾が中学受験等の合格ノウハウを持っていて、オリジナルのテキストやカリキュラムを使用して指導することです。 
また、「受検へのエキスパート」である塾は成績アップを狙った、レベルの高い、均一的な指導を受けられます。 
時には、評判の良い有名講師による満足のいく指導が受けられることもあります。 
家庭教師と違って、集団塾は学校と似ており、まわりにたくさんのライバルとなる生徒がいるので、お互いに切磋琢磨して、成績をメキメキと伸ばすことが可能です。 
そのため、社交的かつ競争心のある子に向いているでしょう。 
また、一般的に、家庭教師よりも授業料が安く経済的でもあることも、大きな魅力の1つと言えます。 

家庭教師学習支援センターの場合

何といっても「マンツーマン」であることです。 
塾の授業についていけなくなっても、家庭教師はお子様のペースに合わせて指導してくれるので、効率よく学習できます。 
子供の理解の早さには個人差があり、得意科目・苦手科目はもちろん、性格や学習ペースも、個人でそれぞれ違います。 
家庭教師では、先生がそれらに合わせて指導することで、本人にピッタリの学習ができます。 
また通学時間がかからない上に、時間の融通が利きやすく、部活や習い事との両立も簡単です。 
親の目が届きやすいので、きちんと勉強に集中しているかを確認できるので、その点も安心と言えるでしょう。 
短期間に集中して学びたい科目があったり、試験対策をしたい時などにこちらの都合を聞いてくれるのも大きな魅力の1つです。 
教師とのコミュニケーションによって、生徒の「やる気」が左右されてくるので、もし万が一、教師の指導法や相性などが合わないと感じた時は、別の家庭教師を紹介することが可能ですので、すぐにご相談ください。
普段、塾や学校では周りを気にしてしまって、なかなか質問できないという生徒も、マンツーマンで信頼を築いた家庭教師になら、安心して質問できることでしょう。 
デメリットに金額や教師の指導の質について挙げられていますが、事前に面談などがあると思いますので、お子様の性格・目標など、希望に合った教師を選べるよう、しっかりと相談しておきましょう。 

塾と家庭教師のメリット・デメリット
  当センター
メリット
  • 「マンツーマン」指導であるので、生徒のペース・性格・都合に合わせることができる。
  • 通学時間がかからない上、時間の融通が効くので効率的。
  • 教師の変更が容易。
  • 教師とのコミュニケーションにより、生徒の「やる気」が上がる。
  • 親の目が届きやすい
  • 生徒のつまずいた所から指導できる。
  • 塾独自の中学受験や高校受験合格へのノウハウがあり、テキスト・カリキュラムがしっかり定着している。
  • 評判の良い有名講師の満足いく指導が受けられる場合がある。
  • 一般的に授業料が安い。
  • 周囲の生徒と切磋琢磨することにより、生徒の「やる気」が上がる。
デメリット
  • 一般的に授業料が高い
  • 指導の質のすべてが教師に左右される。
  • 時間の融通が利きにくい
  • 教師選択の幅が狭い
  • 質問しにくい場合がある。
  • 親の目が届きにくい。
  • 生徒の個々の学習レベルに合わせて指導出来ない。